仕事がないフリーエンジニアからの卒業

仕事が少ない時のフリーエンジニアの対処法について

案件を獲得する方法

案件を獲得する方法

得意な技術を活かすことができ、かつスキルレベルに見合った単価が得られる案件を受注することは、フリーエンジニアが生計を立てるにあたりとても大切なことです。仕事の依頼が減った際に報酬額を妥協する方もいるかもしれませんが、これでは低単価の案件を多数受ければならない状況が続いてしまう恐れもあります。
そこで本記事では、フリーエンジニアの方が単価を下げることなく仕事を見つける方法を紹介します。エンジニアの友人・知人に相談したり、SNS・ブログで自分の情報を発信したりして、あなたに合った案件への参画を目指しましょう。

人脈を利用する

あなたに顔の広いエンジニアの友人・知人がいれば、事情を説明した上で参画できそうな案件がないかどうか訊ねてみてはいかがでしょうか。過去に関わったクライアントと久しぶりに連絡を取ってみるのも手です。
フリーエンジニアにとって、人脈はとても大切なもの。人とのつながりが多い分だけ、仕事がもらえる確率も高まるからです。

SNS・ブログを活用する

SNSやブログに仕事募集中の旨を記載することで、意外にも良い反応があるかもしれません。SNS・ブログの長所は、知り合い以外の人にも広く情報が拡散していくということです。記載内容を見た人がクライアントとなり、仕事を依頼してくるということもあり得るでしょう。
なお、日常的にSNS・ブログを更新していれば、あなたへの作業発注を検討する人が現れやすくなると考えられます。定期的な情報発信により「この人は〇〇のスキルに秀でていて、〇〇関連の仕事によく携わっている」というイメージが作られ、読み手にあなたのことを印象づけることができるからです。

スキルアップする

案件が少ない時こそ、スキルアップのチャンスです。IT業界は進歩が速いので、仕事を得ることだけに集中していては新しい知見を得る機会を逃してしまいます。
フリーエンジニアとして活躍し続けるにあたっては、技術の最新情報をキャッチアップしていく姿勢が重要になります。今は参画できる案件が少なかったとしても、身につけた知識と技術を活かして成果を出すことができれば、次のご縁につながることもあると心得ましょう。
スキルアップの方法としては、書籍やWeb上の無料サービスで自主学習する以外に、他のフリーエンジニアたちと交流できる勉強会・セミナーに参加するという手もあります。

単価を下げないようにする

「案件獲得を優先するなら、希望報酬額を下げるのも致し方ない」と考える方もいるかもしれませんが、これは逆効果。一度基準を下げると、その後同程度の単価での契約が続いてしまう傾向があるからです。
低単価の状態が長期に渡れば、当然ながら以前と比べて収入は減ってしまうでしょう。単価の低い案件をたくさん受注しなければ生活できなくなる…ということにもなりかねません。目先の利益を重視したい状況であっても、長い目で見て安定的に収入を得るにはどうすれば良いのかをよく考えて仕事を選ぶようにしましょう。

Copyright © 2015 仕事がないフリーエンジニアからの卒業 All Rights Reserved.