仕事がないフリーエンジニアからの卒業

仕事がとれるフリーエンジニアになるには、スペシャリストなゼネラリストを目指す

スペシャリスト兼ゼネラリスト

スペシャリスト兼ゼネラリスト

エンジニアとしての将来性を考える時、スペシャリストとして専門分野を徹底的に極めるというのは、とても分かりやすいものです。技術者である以上、その分野のプロとして現場で仕事をするのは当然のことですが、「誰でもできる」レベルではなく、希少価値を高めて行くことは、それだけ高い評価を受けられるということを意味し、従って実力で仕事を獲得できるエンジニアになれるわけです。その一方で最近は、限られた得意分野を持つエンジニアが多い中で、マルチなゼネラリストが求められる場面も増えています。一見すると別々の選択肢のようですが、この両者は必ずしもお互いに排斥し合う関係ではなく、むしろスペシャリストでありながら、ゼネラリストという存在が求められているといえます。

スペシャリスト

例えばITエンジニアにとって、プログラミングは基本的な技術と言えるでしょう。プログラミングとは、コンピュータに指示通りに正確な動作をさせるための指示書を書くことです。この指示書はコンピュータに誤りなく動作をさせるために、必要な指示を正確にコンピュータに伝えられる内容である必要があります。そのため指示書は誰が書いても同じというわけではなく、エンジニアそれぞれのこだわりや工夫が表れるものです。
極論すれば、このコーディングはどれだけ見た目に汚くても、コンピュータが動きさえすれば良いとも言えます。しかし後々のメンテナンスや修正・変更する場合などを含めて考えると、ある程度読みやすく分かりやすいものであることが、全体としての効率を上げると言えるでしょう。とはいうものの芸術家ではないので、見た目にこだわるあまりプログラミングに多大な時間を掛けて納期に遅れるようでは、プロとしての自覚に欠けるものであり、行き過ぎです。
エンジニアである以上、自分の専門分野に関するスキルや知識を深めることは当然なのですが、それは開発現場で求められる質の高さを実現しつつ、納期までに完成させるという、当然求められる条件を実現するためのものであって、手段と目的をはき違えてはなりません。

ゼネラリスト

そして自らの存在価値を示す上で、専門分野に特化するのは重要ですが、それが経営全体から見ればどのように調和するのかという視点を持つことも大切です。個々の集積が全体としてバラバラであっては、経営全体としては非効率です。
もちろん大きなプロジェクトになれば、相応の責任と権限を与えられて全体を指揮するリーダーやマネージャが別途必要とされますが、スペシャリストであると同時にゼネラリストを目指すということは、たとえ自らがスペシャリストとして関与する場合であっても、自分や周囲の能力を最大限に引き出すという役割を果たすことができるということであり、重宝されるのは間違いありません。

Copyright © 2015 仕事がないフリーエンジニアからの卒業 All Rights Reserved.