仕事がないフリーエンジニアからの卒業

仕事がないフリーエンジニアの案件獲得におすすめのエージェントは「レバテックフリーランス」

「レバテックフリーランス」のサポート体制を活用

「レバテックフリーランス」のサポート体制を活用

一昔前であれば、フリーエンジニアにとってのクライアント獲得方法は、地道に人脈を広げて営業活動を続けるというものでした。もちろんそれは今でも有効な手段なのですが、その他にもインターネットの普及によって、クライアントを獲得するチャンスが大きく広がっています。急速に発展する社会の高度IT化を受けて、新たなビジネスチャンスを掴もうと、各企業のサービス開発競争が激化していますし、今や市民生活を支えるインフラとなった、ネットワーク環境の安全・快適な利用に対する脅威が高まる中、エンジニアの需要は高まる一方です。そのため世界中でエンジニアの人材不足が深刻化しているのであり、フリーエンジニアにとって、潜在的なクライアントの数は十分あるといえるでしょう。

案件紹介サービス「レバテックフリーランス」

そこで多くのフリーエンジニアが利用しているのが、ネット上における案件紹介サービスです。運営母体や経営方針によって、サービスの内容はそれぞれに異なりますが、その中でもフリーエンジニアに人気なのが、正にフリーエンジニア向けに特化したサービスを提供しているレバテックフリーランスです。実態として二次請け三次請け、中には四次請けまであるIT業界において、企業直請けの案件が多いことから、余計な中間マージンが発生せず、従ってフリーランスにとっての高単価を実現しています。また当初からWeb系やソーシャル系が専門であることから、最近エンジニアが引っ張りだこのWeb・ソーシャル系の案件獲得数では、業界でもトップクラスです。

稼ぎたいフリーエンジニアの情報サイト

案件への連続的参加をサポート

そしてレバテックフリーランスでは、フリーエンジニアにとって最大の不安である、空白期間をできるだけ解消するなど、フリーエンジニアの立場に立ったサービスを提供しています。一つの案件が終了してからようやく次の案件を紹介するというのでは、どれだけ実力の高いエンジニアであっても、空白期間が生じてしまう恐れがあります。
しかしレバテックフリーランスでは、案件終了1ヶ月前ぐらいから次の案件の獲得に向けて、フリーエンジニアの希望をコーディネーターが聞き取り、スムーズな移行を実現できるよう工夫しています。そのためフリーエンジニアは安心して本業である仕事の完成に専心することができ、結果としてクライアントの満足を得られるというわけです。業界の動向や企業からの生の情報に常に敏感なコーディネーターが、フリーエンジニアの様々な悩みや不安に対し、カウンセリングなどを通じて向き合いながら、サポートする体制を整えています。そしてフリーエンジニア自身が気づかない、市場における客観的な価値を見抜くなど、個々の評価を高める工夫を怠りません。

Copyright © 2015 仕事がないフリーエンジニアからの卒業 All Rights Reserved.