仕事がないフリーエンジニアからの卒業

仕事がないからといって安易にクラウドソージングは使わない

クラウドソーシングには期待しない

クラウドソーシングには期待しない

フリーエンジニアとして仕事をしている多くの方が、案件獲得のために活用しているクラウドソーシングですが、こればかりに頼ってしまうと危険です。もしクラウドソーシングありきでフリーエンジニアになろうと考えている方がいらっしゃるのであれば、それはやめておいたほうがよいです。まず、クラウドソーシングだけでやっていける人というのはほとんどいません。クラウドソージングでの案件獲得をきっかけに、事業が軌道に乗ったという人はいますが、クラウドソーシングだけでというのは難しいのです。

単価が安くリスクが高い

そもそも、クラウドソージングには一定の相場観というのがありません。なので、仕事を発注する側もなるべく安く、コストを抑えた案件ばかりになるのです。もし、本気で独立するつもりならば、受注側として単価を下げなくても実力と実績を手に入れることが必要なのです。実際に、はじめはクラウドソージングをきっかけにして現在活躍しているフリーエンジニアの方をみても、営業力やコミュニケーション力がある人たちばかりです。クラウドソーシングはきっかけづくりの方法として活用していきましょう。
また、クラウドソーシングの怖い部分は契約するまで相手の顔をみることができない、という点です。契約するまでは文章だけでのやりとりになるので、相手がどんな人なのかを詳しく知ることができません。実際、直接顔を合わせて話すことは大事なことなのですが、それができないというのはとても不安なことです。そのためにやり取りが不十分なまま話が進められ、発注された案件に対して必要な情報が不足しているにも関らず見積もりを希望されることがあります。見積もりを希望する前に、具体的な案件詳細を決めておくというのが本来必要なのですが、実際にこういった案件も存在するのです。そういった案件に関ってしまうと、必要以上に時間と労力が割かれますし、仕事量と報酬のバランスが取れないということが起こります。
なので、クラウドソーシングはあくまで補助的に使いましょう。そして、利用する際は案件の内容をしっかり見極めてから決めてください。面白そうなどといった興味だけで決めるのは絶対に避けましょう。

自分のサイトを作成しよう

フリーエンジニアとして活躍したいのであれば、自分のサイトは必ず作ってください。そして、そこから集客できるよう力を注いでいくほうが確実に良いです。実際に、サイトを作らずクラウドソージングばかりに頼って後悔した、という声もよく聞きます。サイトだけには限りませんが、クラウドソージングに頼らない環境づくり、営業力をつけることが非常に重要なのです。

Copyright © 2015 仕事がないフリーエンジニアからの卒業 All Rights Reserved.