仕事がないフリーエンジニアからの卒業

仕事がないフリーエンジニアは「High Performer」のコーディネーターを活用

「High Performer」のコーディネーターを活用

「High Performer」のコーディネーターを活用

世界規模で急速に進む社会の高度IT化に伴い、エンジニアの人材不足が深刻化しています。しかしエンジニアであれば誰でも良いというわけではなく、クライアントが求めるレベルや経験値は、高度専門化する傾向にあるようです。そのためフリーエンジニアとクライアントとのマッチングを実現しようと、案件紹介サービスが次々と生まれており、またこのようなサービスを利用するフリーエンジニアも増えています。運営母体や経営方針などによって、そのサービス内容は異なりますが、フリーランスの立場に立ったきめ細やかなサポートをするサービスが、人気を集めているようです。

案件紹介サイト「High Performer」

システムエンジニアなど、特にフリーランスのITエンジニア向けに案件紹介サービスを展開する「High Performer」は、目先の収入だけではなく、フリーエンジニアの目指すスキルアップや将来像をコーディネーターが聞き取って、最適な案件を紹介するようサポートしています。「High Performer」では自らの提供するサービスについて、「契約単価が高くて高収入を見込めること」、「契約の合間の期間は自由に使えること」、そして「より高度なキャリア形式が可能になること」を特徴として挙げています。クライアント企業の不慣れな担当者から、希望する人材や起用するポジションなどを丁寧に聞き取って、最適な形で提案すると同時に、個々のフリーエンジニアのスキルや知識や経験を分析し、最適な案件を提案できるよう、きめ細やかな配慮に努めています。プロのコーディネーターが介在することによって、多忙なクライアントと本業に専念したいフリーエンジニアの双方にとって、無駄な手間を掛けることなくマッチングを実現させる工夫を凝らしています。

稼ぎたいフリーエンジニアの情報サイト

フリーエンジニアのキャリア形成を重視

「High Performer」では、特にフリーエンジニアの各成長段階における将来設計や、キャリアアップを重視しています。IT業界は、技術革新のスピードが速く、流行廃れが激しいため、トレンドに惑わされているとあっという間に陳腐化してしまう恐れもあります。
そのためフリーエンジニアは、自分の得意分野を極めることももちろんですが、市場での客観的な価値をより高めるような、プラスアルファのスキルや知識を身に付けることも重要です。現場での仕事に携わりながら、最新の情報を吸収しつつ、次を見据えたキャリア形成を実現するというのは並大抵のことではありませんが、その点「High Performer」のコーディネーターが常日頃から業界や市場の動向に目を光らせており、フリーエンジニア一人一人の悩みに真摯に向き合う姿勢を貫いているのです。

Copyright © 2015 仕事がないフリーエンジニアからの卒業 All Rights Reserved.